桐生市 カフェ 
ライフスタイルショップ

ネットロウボディタオル
上州絹屋

ご購入はこちら

使うたびお肌を保湿しながら、美しく整える。群馬県みどり市にあるミヤマ全織。ぐんまシルクにこだわり、蚕の養蚕から手掛ける編織生地工場です。

繭から製糸する際にできるセリシンという成分は、人間の皮膚の組織に近い成分なので、
お肌への馴染みもよく、保湿・保護・美白・抗菌化作用に優れたスキンケア成分です。

本製品はそのセリシンを使用した「ネットロウボディタオル」です。ネットロウシルクとは網状生糸といい、ミヤマ全織が持つ特殊な技術を用いて、
お肌にとても良いアミノ酸のセリシンを固着したまま繭から糸に引いています。

セリシンを残したままのボディタオルなので、使い始めはぬめりを感じますが、
このぬめりこそがお肌を保湿し、美しく整えるセリシンなのです。

またボリューム感もあり、洗いごたえを感じるシャリ感もあるボディタオルです。

洗うたび、お肌が喜ぶシルクのボディタオルは、一度使うと手放せなくなる一品です。
※本商品は、写真の一番左です。

ご使用の注意点について

・お使いの時は、十分に湿らせて、ボディタオル(あかすり)から溶け出てくるセリシンをお肌に優しく馴染ませるように軽くこすることをお勧めします。
・皮膚の同一箇所をこすりすぎないでください。
・使用後は水や石けんをよく切って乾燥させてください。
・ご使用頻度や使用方法によりますが、約1~2か月程度で製品に固着しているセリシンが溶けてしまうため、セリシンの効果は低下します。
・セリシン効果を期待してご使用になる場合は、定期的に新品と交換することをお勧めします。

サイズ  : 25cm×100cm
生産   : 日本製(すべて群馬県内で生産)
素材   : シルク100%(群馬県のブランドシルク「ぐんま200」を100%使用)